gazou-11

北海道が好きすぎて「北海道観光マスター」に!

私は大阪生まれ育ったのですが、15年前に北海道へ初めて旅行に行って以来、北海道のことが大好きになり、年数回北海道へ足を運ぶようになり、最終的には北海道へ引っ越してしまいました。
そんな北海道大好きな私は、普段北海道のスポットを色々と巡るだけではなく、イベントにも参加したり、美味しい店舗を見つけるのも趣味の一つとしてやっていました。
しかし、段々この観光スポットやグルメスポットを巡っていることを仕事として活かせないだろうか…と考えたんです。
一番に思いついたのはツアーガイドでした。
ツアーガイドであれば観光客と一緒に観光スポットをいつも周ることができますし、美味しいグルメを紹介して喜ばせたいという気持ちでいました。
しかし、なかなかどうやってツアーガイドの仕事をしようか悩んでいました。
すると、北海道に住んでいる友人から「北海道観光マスター」の検定を受けてみてはどうか?と言われたんです。
北海道観光マスターは、北海道の基本的な観光についての問題を解き、合格点以上になると合格証書をもらえることができるというものでした。
確かに観光地を案内するツアーガイドであれば、まずは知識をつけるためにも勉強し、合格すればそれがまたアピールポイントにもなると考え、早速検定に参加してみることにしたんです。

勉強は公式テキストを購入し、それをひたすら読み込みました。
また、仕事をしていたんですが、仕事が休みの時は改めてその観光スポットを巡り、実際の知識を覚えていきました。
他にも北海道の観光スポットはスカイチケットという北海道の有名観光地域を紹介するサイトからたくさんの情報を得る事ができてとても感謝しているサイトです。

検定は11月だったんですが、その前に自分で勉強するだけではなく直前対策講座が開かれていたのでそちらにも参加。
意外と若い人もいてビックリしましたが、私も頑張って学生時代を思い出し勉強していきました。

そしていよいよ検定当日。
私は最後の最後までハンドブックの中身を確認し、検定に望みました。
問題は観光地だけではなくおみやげなども出て少し難しい問題もありましたが、何とか自分なりに頑張りました。
結果が出る日、私はまるで大学受験のような気持ちで合格を祈っていました。
そして結果が出て…なんと合格!

私も北海道観光マスターの資格をとることができたんです!
その日1日はとても浮かれていました。

北海道観光マスターの資格を取得してからは他にもたくさんある北海道観光についての検定を受けたり、ボランティアでガイドに参加するようになりました。
仕事としてまでは行ってないですが、ボランティアでもガイドに参加することができてとても嬉しいです。

150724071186_tp_v1

成り行きで北海道観光マスターの試験に受けることになったけど・・・

自分は生まれも育ちも北海道、現在も稚内で仕事をしています。
ところで「北海道観光マスター」というものをご存じですか?
北海道の知識を深めるための試験なのですが、結構長い間行っている検定試験です。
僕も北海道大好き人間なので、このような試験があるのはユニークだし、もっと北海道を知ってもらえる良い機会であると感じています。

私も椎名のまちづくりに協力しており、その関係で商工会議所の方とお話する機会がありました。
商工会議所は毎年試験会場となっている場所です。
その関係者とは知らず話していると、勢いで受ける方向になってしまいました・・・。
最初は「え?え?」と状況が飲み込めなかったのですが、過去のテキストをもらい、返すこともできずその日は家に持って帰りました。
帰ってくると妻と子どもが興味ありげにテキストを読みだしましたが、子どもは内容が理解できないのか、ただ飽きてしまったのかすぐにゲームをはじめてしまいました。
一方、妻は「面白いよ。受けてみれば?」と試験を受けることを前向きに検討するように後押しされました。
確かに、観光の知識が身に着けば、もしかして今後のまちづくりの活動にも役に立つかもしれません。
それなら自分の知識をぜひ深めたいと思い、翌日の仕事帰りに過去問などのテキストを買い、夜は勉強に励みました。
試験勉強なんて学生時代以来なので、ちょっと若い気分になりながら勉強をします。
妻からも夜食で応援してもらい、子どもからも「頑張ってね」と手紙と似顔絵をもらい、なんだか泣きそうになりました。
テキストの内容を読むと、札幌など有名な観光スポットよりも、穴場のスポットの知識が多かったです。
結構道内を回っているのでいろいろ知識がある方だと思っていましたが、以外にも知らないことばかりあります。
テキストと向き合っているうちに、もっと北海道のことを知りたいとも思うようになっていったんです。

そしてテストの当日、少し緊張気味でしたが妻と子どもから応援の言葉をもらい、玄関で見送られながら会場に向かいます。
会場にはざっと40人ぐらいの受験者がいました。
問題は記号を記入する形式が多く、問題文章を読めばしっかり答えられる内容となっています。
途中で勉強不足の部分もありましたが、結構自身はあります。

問題用紙は貰うことができ、自宅で採点してみると合格ラインの7割は満たしていました。
そして、届いた合格通知も見事に合格していたので、無事に北海道観光マスターに認定されました!
なんだかんだで受けていて楽しかったですし、この知識をまちづくりでも活かしたいと思います。
北海道が大好きだと改めて思えるイベントでした。

uzumaki_0i9a8077_tp_v1

北海道観光マスター検定に合格し、転職しました!

私は北海道出身ですが、東京の大学への進学をきっかけに地元を離れ、卒業後もそのまま東京で就職したんです。
働き始めて3年ほど経った頃、仕事の多忙さに疲れてくるようになりました。
学生の頃はいつも友達に囲まれ、楽しい毎日を贈っていたので、あまり寂しいと感じることはなかったのですが、社会人になってからというものの仕事と自宅の往復が続くばかりですし、サービス業なのであまり休みもなく友達と会う時間もありません。
そんな時、ふと地元に帰りたいと思うようになったのでした。

地元に帰れば、家族とまた一緒に住むことも出来るし、友達にも会えるようになります。
しかし向こうに帰るにしても仕事を探す必要があるし、東京ほど求人はないので仕事が見つけられるかという不安もあります。
仕事を見つけるためには、何か資格や強みが必要と考えました。
以前から観光業に興味があっていつかやってみたいと、何となく考えてはいましたが、挑戦するなら今だと思い立ったのです!

それに地元なら、地元の良さを伝えることが出来るし、観光業の仕事をするならうってつけです。
就職に有利な良い資格がないか調べていると、「北海道観光マスター検定」という資格を見つけました。
面白そうなので受けてみようと思い、早速テキストを取り寄せました。

地元についての問題だからスラスラ解けそうと高をくくっていたんですが、意外と知らないことも多くてビックリしてしまいました!
でもそれを知ったとき、自分でも知らない北海道の良さがあることに気付き、もっと勉強したいし他の人にも広めたいという前向きな気持ちになれました。
仕事の合間を縫って勉強しながら、検定を受け、見事一発で合格しました。

そして今では、地元の観光センターでアドバイザーとして働いています。
やっぱり転職の時、この検定を取得していることは有利でした。

私の他にも多くの人が就職試験を受けていて、この資格が大きなポイントとなったことは間違いないんじゃないかなぁと感じています。
今の仕事は、忙しい時ももちろんありますが、以前の仕事と比べるとゆっくり働けていると思うしとても働きやすい環境です。

そして毎日、色々な観光客の方ともお話出来たり北海道の良さを伝えたり出来ることが魅力的です。
外国人のお客様も多くいらっしゃるので、次の課題は英語で北海道の良さをアピール出来るようになることだと思っています。
現状に満足しないで、色々なことに精進していきたいと感じています。

gazou-144

大好きな北海道の為に「北海道観光マスター検定」合格を目指しています!

私は生まれが北海道です。
今は大学で勉強している為、東京に出てきていますが将来は北海道に戻って暮らそうと考えています。
大好きな北海道の事は何でも知りたいし、みんなにも知ってもらいたいです。
だから、大学の卒業旅行には北海道に行こう!と今から友人たちと話をしていますし、彼氏との旅行にも北海道に行こうと考えたり…。

そして今回私は「北海道観光マスター検定」を受けてみる事にしたのです。
試験はもう少し先ですが。勉強の真っ最中です。
この検定は2008年に作られ、歓待精神で北海道を活性化させる為に、北海道の良さを広めて観光客をもてなそうという気持ちが高まり作られた背景があるのですが、まさに私の理想とする思考の為、いつか必ず取得しようと思っていた検定なのです。
公式テキストもあり、勉強もしやすく毎日読んでは勉強しています。
テストは50問あり、全体の7割よりも点数を取れば受かります。
難問もあり大変ですが、検定に合格すると合格証と携行カード、ピンバッチが交付されるらしいので、それを貰うまで必死に勉強しようと思います。

なぜ、こんなにもこの検定を取りたいのかと言うと、将来北海道に戻ったら実家が経営している小さな旅館を継ぐ為、観光に来たお客さんにも説明出来るよう様々な事を勉強したかったからです。
大好きな北海道の魅力を伝えるべく、今まで知らなかった事なども勉強して色々な人に伝えていきたいと思い、検定を受ける事にしました。
もちろん、この検定を取ったら終わりではありません。
北海道にはまだまだ地域によって検定があります。
とかち検定や札幌シティガイド検定、おたる案内人検定など様々です。
その様々な検定に合格し、83,450 平方キロメートルもある北海道全ての事を知り、魅力をひとつ残らず伝えられる人になりたいのです。
その市に行くならここが良い、家族と行くならここ…みたいな感じで、有名な所だけではなくコアな部分まで教える事で、北海道の事をもっともっと知ってもらい、大好きになってもらいたいです。
観光客の旅の思い出を演出出来るよう、旅館の仲居として色々工夫して仕事をしたいと考えています。

北海道の事となると熱くなるので、友達には面倒に思われる事もありますが…これからも余す事無く勉強し、今年の検定は絶対に合格したいです!
母も受けるようなので、負けずに頑張りたいと思います。
もし、合格したら彼氏を北海道に連れて行ってガイドしてあげたいので、

No image available

もっと北海道を知りたくなりました!

北海道出身で在住している主婦です。
先日、子供の小学校が一緒ママ友とお茶をしていた時に、今度のお休みに3家族で子供達を連れて遊びにいかないかと誘われました。
みんなの都合が合えば、どこか温泉に泊まるのもいいかもね、と話がふくらみ予定を確認しました。
最近は子供も習い事やクラブで忙しく、どこにも連れていってあげてないなぁ・・・ちょうど今の時期は夫も仕事で忙しく土日は留守なのでこの機会にいいかも!と思い計画することになりました。

私もママ友も北海道在住ですが、実際観光地と言われる場所にあまり出歩いたことがないので、今回は旅行会社を通して予約することにしました。
子供達が学校に行った昼間の時間に、ママ友と旅行会社を訪ねました。
少し急な日程でしたが、案内人の人はとても親身になってくれ、子供達が多勢で楽しめる温泉施設を探してくれました。
行先は小樽に決まり、次の日は帰り道に子供達が喜びそうなレジャースポットに寄って帰る予定で予約をお願いしました。

「地元なのに、実は観光をあまりしたことがなくて・・・。小樽も行ったことがないんですけど・・・。現地でオススメの隠れスポットとかあったら教えてもらえませんか?」と聞いてみました。
案内人の人は小樽に行ったことがありよく知っていましたが、現地で案内をしてくれる人もいるようでした。。

「北海道観光マスターという資格を持っている人に案内してもらうのもいいかもしれませんね。タクシーの運転手や旅館の女将さんなどもいると思いますよ」と教えてくれました。
「へぇ~そんな詳しい人がいるんですね」と資格があることももちろん知らず・・・一般人でも受験できるそうです。
今回はにぎやかな子供付きだから次回にしようか(笑)とお願いはしませんでしたが・・・。
そしていよいよ旅行の当日です。

子供達のテンションはMAXで、大人も普段の家事などから解放される至福の時間です。
8人乗りのワゴンでみんなでワイワイしながらちょっと道のりは遠かったのですが、小樽まで行ってきました!
宿泊先から車で20分くらい先に小樽運河がありました。

夜出歩くのは少し肌寒かったのでチェックイン前に立ち寄りました。
テレビで見たことがある有名スイーツ店にも行ってきました。
移動の疲れもスイーツでぶっ飛び、ママ達もはしゃいでしまいました(笑)

宿では食べきれないほどの料理が並び、「もう無理~!」なんて言いつつもついつい食べちゃう・・・すっごく美味しかったです。
子供達が寝た後はママ達でお酒を飲みながら談笑してました。
ちょっと夜更かししたので、翌日の水族館がしんどかったですが・・・(笑)

親子でゆっくり旅行を満喫してきました。
北海道にはもっともっと楽しい場所があるんだろうな、と今回の旅行で思いました。
せっかく地元にいるんだし、もっと出歩くようにしたいです!